◆ 新着投稿記事 ◆
◆ カテゴリー ◆
◆ アーカイブ ◆
◆ リンク ◆
■ プロフィール ■
■その他■
■Powered By■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
http://www.blogn.org/ BlogTimes
 
三頭山(1531m)
日 付2019年05月31日(金)曇り、気温(青梅)23.3 / 15.5℃
山 名三頭山
コース都民の森駐車場(09:50)→鞘口峠(10:09)→見晴台(10:50)→東峰(11:30)→中央峰(11:33)→三頭山(西峰)(11:40,12:10)→三頭大滝(13:18)→駐車場(13:50)
データ標高1531m、 歩行6.6km、 4時間00分(休憩・食事時間含む)  右トラックログ
三頭山トラックログ
コメント 今回は鞘口峠から回廊の路、陽光の路、ブナの路、三頭山、ムシカリ峠、深山の路、三頭大滝と少し楽なコースをたどった。
都民の森は標高1000m以上のところにあり気温が20℃以下で登山するにはとても良いコンディションで、
深緑のブナの路で大きなブナやミツバツツジを楽しみ、最後はは三頭大滝を観瀑。
ゴール後、都民の森入り口付近でカケスを見かけ撮影することができた。



| 山あるき | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=414 |
御岳渓谷
2019年5月30日(木)、晴れ、気温25度
 深緑、爽やかで気持ちいい初夏の御岳渓谷を散策。平日で散策する観光客が少なくのんびりと散策できた。
御岳渓谷で定番のカヌー、ラフティング、ボルダリングを楽しむ人たちもちらほら、色づき始めたアジサイ、綺麗な色のホタルブクロなど楽しめた。
アオサギの魚捕獲するところを撮影できた。




| ウォーキング | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=413 |
高尾山(599m)
日 付2019年05月14日(火)雨/曇り、気温(青梅)20.3 / 15.1℃
山 名高尾山
コース高尾山口駅(09:20)→琵琶滝(09:53)→2号路(10:20)→3号路(10:27)→高尾山(11:28,12:18)→薬王院(12:31)→霞台(高尾山駅)(13:05)→駐車場(14:05)
データ標高599m、 歩行9.8km、 4時間45分(休憩・食事時間含む)  右トラックログ
高尾山トラックログ
コメント 小雨がパラツクなか高尾山へ、今回は琵琶滝→2号路→3号路→高尾山→1号路→金刀比羅神社→20号駐車場のコース。
天候が良ければ奥高尾の小仏城山まで行きたかったが、天気予報が午後荒れるとのことで高尾山までとした。
奥高尾のキンランが見たかったが、エビネ・ササバギンランを見ることができたのでほぼ満足。



| 山あるき | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=412 |
大岳山(1266m)
日 付2019年05月03日(金)晴れ、気温(青梅)25.1 / 9.6℃
山 名大岳山
コース御岳山駅(08:44)→御岳山(武蔵御嶽神社)(09:10)→芥場峠(10:20)→御岳山(11:28,12:25)→綾広の滝(13:53)→御岳山駅(15:28)
データ標高1266m、 歩行10.4km、 6時間44分(休憩・食事時間含む)  右トラックログ
大岳山トラックログ
コメント ケーブルカーの御岳山駅から新緑の大岳山へ、帰路は綾広の滝、ロックガーデン経由のルート。
10連休中の後半で天候もよく、登山者が多く山頂での昼食場所確保に苦労した。
霞んでいたが山頂からの富士山を望むことができた。



| 山あるき | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=411 |
御前山(1405m)
日 付2019年04月18日(木)、気温(青梅)21.8 / 9.2℃
山 名御前山
コース月夜見第2駐車場(09:01)→小河内峠(09:29)→惣岳山(10:23)→御前山(10:50,12:00)→惣岳山(12:32)→小河内峠(13:12)→駐車場(13:47)
データ標高1405m、 歩行8.5km、 4時間46分(休憩・食事時間含む)  右トラックログ
御前山トラックログ
コメント カタクリを求めて御前山へ、月夜見第2駐車場から小河内峠、御前山コースをピストン。
今年のカタクリは花株が少なく、かつ小ぶりの花である。冬季の降水量の少なさが影響している?、また1W程早かった。
登山道にはスミレをはじめ、フデリンドウやハシリドコロなど見ることができたが、ニリンソウは咲いていなかった。
富士山は雲が多かったが、惣岳山直下と御前山からよく見えた。



| 山あるき | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=410 |
高尾山(599m)
日 付2019年04月09日(火)晴れ、気温(青梅)15.4 / 2.9℃
山 名高尾山
コース駐車場(09:24)→一号路登山口(09:45)→高尾山駅(11:00)→薬王院(11:30)→高尾山(11:46)→一丁平(13:06)→高尾山(15:35)→高尾山駅(16:20)
データ標高599m、 歩行11.7km、 6時間56分(休憩・食事時間含む)  右トラックログ
高尾山、一丁平トラックログ
コメント 天候に恵まれた高尾山であった。
今年度も「高尾山トクトクブック」を入手、毎月1回の高尾山を訪れることにする。
今回は高尾山の高尾スミレと裏高尾のヤマザクラ、天候もよいので山頂からの富士山を眺めることである。



| 山あるき | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=409 |
瑞穂町のカタクリ
2019年3月29日(金)、曇り、気温10℃/4.7℃
 東京瑞穂町の「さやま加多来里の里」のカタクリの観賞。
2月の陽気で寒く曇りのためカタクリの花は半開きが多く、またピークを過ぎた感じであった。
また今冬は雨が少なく寒かった影響なのか、昨年に比べて花数が少なく大きさも小ぶりが目立った。
そして例年見られる白色のカタクリは見ることができなかった。中には紫色以外では赤いカタクリがあるとか。それらしき色の花はあったが。




| その他 | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=407 |
「の」の字 露天販売
2019年3月24日(日)、晴れ、気温13℃/-2℃
 八王子駅南口 フリーマーケット 南口マルシェ(毎月4月第4日曜)に出店している陶芸工房「の」の字を訪れた。
軽くて丈夫で使い易い、日常使いの食器を露天販売している。今回は、コーヒーカップを購入した。

ホームページ:陶芸工房「の」の字http://fuzi-san.com/nonoji/
NET販売ページ:のの字ショップhttp://nonoji.main.jp/shop/
ガレージ販売:地図案内、連絡先
陶芸工房「の」の字 案内


4月は、ISETAN『相模大野アートクラフト展』に出店予定
     開催日時:4/24(水)~4/30(火)11時~17時
     出店場所:小田急線 相模大野駅  伊勢丹相模原店 二階ギャラリースクエア




| その他 | 05:14 PM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=406 |
高尾山(599m)
日 付2019年03月17日(日)晴れ|曇り、気温(青梅)12.2 / -0.4℃
山 名高尾山
コース高尾山口駅(08:56)→琵琶滝(09:26)→高尾山(10:42)→一丁平(11:28,12:27)→薬王院(13:16)→高尾山駅(13:37)→蛇滝(14:02)→高尾山口駅(15:20)
データ標高599m、 歩行14.0km、 6時間24分(休憩・食事時間含む)  右トラックログ
高尾山トラックログ
コメント 咲き始めたハナネコノメを求めて高尾山へ、今回で2018年度の毎月1回高尾山登山
高尾山トクトクブック
が満願。
ハナネコノメ
ハナネコノメ
は琵琶滝コース(6号路)で可憐で綺麗に咲いているのが多く見られた。
その他にヨゴレネコノメ、アズマイチゲ、ニリンソウ、ユリワサビ、スミレなど早春の花が楽しめた。



| 山あるき | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=405 |
今日の雪割草
2019年2月23日(土)、晴れ、気温13℃/4℃
 今日23日は今年5月に天皇に即位する皇太子の誕生日、来年からは天皇誕生日となり祝日となる。
そして、富士山の日でもある。来年から富士山の日は休日(天皇誕生日)である。
今週は3月の陽気が続いており雪割草の開花も大分進んだ。



| 雪割草・スミレ栽培 | 01:53 PM | comments (x) | trackback (x) | http://fuzi-san.com/weblog/index.php?e=404 |
PAGE TOP ↑