作業標準(手順書)・チェックシート作成ガイド10ヶ条

 1.作業標準の記載順の整理 (適合化)

   作業標準は作業順に従い記載する。困難な場合には作業順を明記する。
   チェックシートの記載順は、作業順と一致させる。

 2.非定常作業の排除 (非定常作業の排除)

   仮処置(完成しているものの取外し)を極力避け、工程全体で最適化する。
   仮処置が避けられない場合には、仮処置後の復帰作業を正規の作業とする。
   作業の一時中断も極力避ける。恒常的な作業中断は、その後の復帰作業を正規とする。

 3.重要箇所のランク分け (特別化、個別化、影響緩和)

   作業標準は文字強調、下線、記号、図示等で重要箇所のランク分けを行なう。
   チェックシートも必要に応じて同様のランク分けを行う。

 4.目的の明確化 (異常検出、部分代替化)

   どの様に運用されるかを明確にして作成する。(結果のチェックか作業者の判断、忘れ防止かを明確に)。

 5.定量化、図示化によるあいまいさの排除 (適合化)

   作業標準への許容限度記載は極力定量化、図示化する。限度見本を用いる場合には、
   定期訓練により運用による個人差を少なくする。

 6.異常発生時の行動基準の明確化 (異常検出時の漏れ防止)

   作業標準には異常発生時とるべき記録、行動を明確にしておく。
   チェックシートには異常発生時に即記録できる欄を設ける。

 7.チェック項目の制限 (適合化)

   チェックシートのチェック項目は5項目以下の単位に括る。チェック項目総数のガイドは20項目以下。
   まとめチェックは同一内容で10ヶ所以内とする。
   また、2段階に分かれる場合には別の項目をはさむ。

 8.チェック欄の記入手法 (自立意識と確認の集中化)

   チェックシートのチェック欄へ‘∨’点チェックのみは極力避ける。
   日付、氏名等を記入し自覚と責任を持たせる。

 9.準備段階での作業 (共通化、集中化)

   作業以外の処理は、作業前に実施する。(日付、温湿度の記入、測定器の選択、設定)

10.作業標準の形骸化防止

   変化のある情報は作業標準には極力記載しない。記載する場合には短周期見直しを設定する。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-28 (火) 08:51:13 (3115d)