二十四節気

二十四節気は中国で太陰暦を使用した時代に季節を表すために考え出されたもので、
一年を二十四に等分しその区切りと区切られた期間につけられた名前。
日本の気候とは合わない名称や時期もある。各節気の月日は毎年ほとんど同じ日だが必ずしも毎年同じとは限らない。

二十四節気名

季節二十四節気名意 味2012年2013年
立春(りっしゅん)寒さも峠を越えて春の気配が感じられる2月4日2月4日
雨水(うすい)陽気がよくなり雪や氷が溶けて水になり雪が雨に変る2月19日2月18日
啓蟄(けいちつ)冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる3月5日3月5日
春分(しゅんぶん)太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる3月20日3月20日
清明(せいめい)すべてのものが生き生きとして清らかに見える4月4日4月5日
穀雨(こくう)穀物をうるおす春雨が降る4月20日4月20日
立夏(りっか)夏の気配が感じられる5月5日5月5日
小満(しょうまん)すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める5月21日5月21日
芒種(ぼうしゅ)稲や麦などの(芒のある)穀物を植える6月5日6月5日
夏至(げし)昼の長さが最も長くなる6月21日6月21日
小暑(しょうしょ)暑気に入り梅雨のあけるころ7月7日7月7日
大暑(たいしょ)夏の暑さが最も極まるころ7月22日7月23日
立秋(りっしゅう)秋の気配が感じられる8月7日8月7日
処暑(しょしょ)暑さがおさまるころ8月23日8月23日
白露(はくろ)しらつゆが草に宿る9月7日9月7日
秋分(しゅうぶん)秋の彼岸の中日で昼夜がほぼ等しくなる9月22日9月23日
寒露(かんろ)秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ10月8日10月8日
霜降(そうこう)霜が降りるころ10月23日10月23日
立冬(りっとう)冬の気配が感じられる11月7日11月7日
小雪(しょうせつ)寒くなって雨が雪になる11月22日11月22日
大雪(たいせつ)雪がいよいよ降り積もってくる12月7日12月7日
冬至(とうじ)昼が一年で一番短くなる12月21日12月21日
小寒(しょうかん)寒の入りで寒気が増してくる1月6日1月5日
大寒(だいかん)冷気が極まって最も寒さがつのる1月21日1月20日

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-07 (水) 16:07:30 (3807d)